あなたのライフイベントをトータルサポート I'm glad to see you all !

ライフイベント ニュース

人生の分岐点、人生でやりたいこと、終活関連のトピックスやニュースのご紹介



カテゴリー:  ✔︎すべて 人生の分岐点 人生でやりたいこと 終活 ファイナンス
Share, please !
人生でやりたいこと

定年後「急に退屈する人」と「ずっと幸せな人」の決定的な差…サラリーマン時代から準備できること|資産形成ゴールドオンライン

これからのサラリーマンは会社勤めだけをしていることは定年後に「リスク」を抱えることになります。今後日本人の寿命がますます延びていく中で、仮にめでたく定年となったとしても、その後は誰が面倒をみてくれるのでしょう。
おそらく定年を迎えても、数十年の年月が待っています。その年月を何をして過ごすのでしょう。ゴルフやウォーキングだけではすぐに飽きがきてしまうでしょう。定年後の数十年間を充実させ有意義に過ごしていくためには、サラリーマンだけをしていては不足です。
私が提案するのは、サラリーマンでいる間にご自分の「専門性」をつくり、深堀し、磨きをかけていくことで自分に適した「専門性」を極めていくことです。
こうすれば、仮に定年になったとしても「仕事」は十分にあります。これからの時代はますます「専門性」を深めた各分野におけるスペシャリストが必要になっていくからです。

人生でやりたいこと

専業主婦から40代で弁護士に… 「人生を肯定する」キャリアチェンジに遅すぎることはない

「わたしが言いたいのは、自分が常に夢見てきたことを実現するのに年齢が障害になると考えてはダメだということです」
自身のキャリアチェンジは「人生を肯定する」もので、「ワクワクする」ものだったと彼女は振り返った。
「ものすごい自己再生感とともに達成感がありました。全ての人にお薦めします」とヘップワースさんは語った。

人生でやりたいこと

森田正光氏が決めた「人生のゴール」 今から“85才で皆既日食を見る”準備 | マネーポストWEBマネーポストWEB

「ぼくは2035年9月2日に、北関東で皆既日食を見てから老衰で死ぬ予定です(笑い)」
そう語るのは、気象予報士の森田正光さん(71才)。
「地球上にいろんな自然現象があるけど、地球を明るくする太陽が一瞬のうちに消える皆既日食よりも素晴らしい現象はないと思います。2035年の皆既日食は東京ではなく北関東でしか見られず、しかも天候次第では見られないかもしれない。それでも、ぼくは85才になる14年後まで絶対に生き延びて、最後の皆既日食を必ず見ます」(森田さん・以下同)
 人生のゴールを定めた森田さんは、そこにたどり着くための準備を始めている。
「まず、健康寿命をどれだけ延ばすかを考えて、大好きだったお酒をやめました。昔は原稿を徹夜で書いていましたが、いまは睡眠時間を確保するために夜更かしもしません。さらに健康を維持するために万歩計を携帯して、毎日1万歩以上歩いています」

ファイナンス

「歳をとったら、お金を使わなくなる」というのは間違い!定年後の本当のリスクは何? – MONEY PLUS

「定年したあとは、あまり保険は必要ありませんよ」というと、「えっ、なんで?」と驚かれ、さらに「年金生活になると、もっと必要なくなるでしょう」というと、もっとびっくりされてしまいます。
高齢になっていくと、病気の確率も高くなるし、入院や認知症のリスクも増えていくのに、ほとんど必要ないってどういうこと?」となるようです。これは病気のリスクとお金のリスクを間違えているのです。

人生でやりたいこと

夢の早期退職「日暮れまで缶ビールを空けずにどう過ごすかが悩み」というFIREの末路 お金はあるが、やりたいことはない

「やる気と戦略があれば年収25年分の資産をつくることは可能ですが、現役時代にFIRE実行後の“生きがい”探しもしなければ、あとで膨大な自由時間を持て余すことになる」。
22歳から65歳まで働くとして、現役時代の自由時間は概算で8.7万時間です。これに対し、標準的な老後は10.9万時間もあります。過ごす時間は現役43年に対し老後は25年とずいぶん短いようですが、自由時間については老後のほうが多いわけです。
私の父親は67歳まで働いてリタイアしたのですが、最初の1年悩んでいたのは「日暮れまで缶ビールを空けずにどう過ごすか」だったそうです。
経営コンサルタントの大前研一氏は、趣味についてインドアの趣味とアウトドアの趣味、ひとりでやる趣味と複数人でやる趣味で「2×2」の表をつくって、それぞれ2つずつ見つけておけば一生困らない、と述べていました。

終活

コロッケ「ありのままの自分伝えたい」語った還暦前に終活ノート始めた訳 | 女性自身

「もともと、“人には宿命があり、それが病気であれ事故であれ、逝く時は逝く”という感覚が僕にはあったんです。『ゆずりは』をきっかけに、旅立つこと、そして、見送る側の人の気持ちが、より身近に感じられるようになりました。
そこで思ったことが『エンディングノートが一冊あれば、僕が誰とご縁があったか、人生の各場面でどういう気持だったかを伝えることができる』。全部を人に話してきたわけではありませんし、とくに家族に対しては自分がどういう人間だったかを伝えたくて、少しずつ書くようになりました。

ファイナンス

退職金を上手に運用して将来のリスクに備えよう | ハルメク暮らし

平均寿命の延びとともに、「人生100年時代」という言葉が聞かれるようになりました。長生きをすればするほど生活費や医療費・介護費はかかり続け、年金や貯蓄が足りなくなるのではと不安視する人が増えています。
老後にかかる費用は人によってさまざまですが、老後にどんなリスクがあるのかを知っておきましょう。
年金で賄いきれない分は、貯蓄を切り崩しながら長生きする年数分必要となってきます。収入を増やすなら定年後も働かなければならず、働き続けるためにも早いうちから生活習慣に気を付け、健康寿命を延ばすことが重要になってきます。

終活

【定年後 難民にならない生き方】子どもに「伝えておきたい」金融機関・ネット関連のパスワードと、「元気なうちにやっておきたい」定期預金の解約

親が元気なうちに、万が一のケガや病気、介護についてどう考えているか聞いておきたい。でも、聞きづらい--。そんな悩みを抱える人は少なくない。
ちなみに、元気なうちにやっておきたいことのひとつに「定期預金の解約」があるとか。
「定期預金はあなたが重い病気や認知症になると、とたんに“厄介な存在”になります。あなたの委任状がなければ、配偶者や子供であっても解約の手続きができないためです。・・非常に低金利で利用価値はありませんので早めに解約しましょう。少なくとも自動継続はやめることをおすすめします。

人生の分岐点

70歳まで働くには 必要とされる人はどこが違う

「70歳まで働きたい」と考える40代からの相談が増えています。「歳を取っても長く働ける会社を紹介してほしい」という声もあれば、「45歳までは会社のために働いてきたが、人生後半は自分らしい働き方を追求したい」と言う人もいます。

自分のキャリアは自分で守るしかありません。自己防衛しながらいかにキャリア形成していくかはとても難しい問題です。企業に依存してきた時代が長く、そのトレーニングをしてきたわけでもない。前例もなく、経験もない。「どうすればいいのか?」と思って当然のことです。しかし、この課題には自分の頭で考えて対峙していくしかありません。これは、嘆いても仕方がない現実の問題です。

ここを生き残るには、いくつかの前提を頭に入れておくことが重要だと考えます。以下に五つの前提を挙げます。
(1)70歳まで働ける職場や、70歳まで働ける仕事は、あらかじめ用意されているわけではない。
(2)ただし、成果主義が浸透しているので、仕事で成果を生み出せる場合には70歳まで働けるチャンスが巡ってくる可能性が高い。
(3)決して受け身になってはいけない。「必要な行動は何か?」「どうすればそれを知ることができるか?」を考え、すべて自分の手で入手する。
(4)もし今、49歳以下だとすると、自分が55歳を超えて雇用されている状態や、その延長線上にある60歳、65歳の自分の仕事力を想像しておく。
(5)50歳以降に仕事で成果を出すために、30、40代のうちに「どんな選択肢を貯金できるか」を考え、それを自分が考えるリタイア時期から逆算して実行する。
最低でも、これらの前提を頭に入れ、常識を塗り替えておく必要があると思います。

終活

アメリカに財産がある人の相続問題…所有権の移転手続を軽減できる「TODD」「POD」制度の活用法 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

アメリカに資産を保有する方が亡くなった場合、「プロベート」という、煩瑣かつ相当な費用と時間が求められる手続を経て、資産の所有権移転を行う必要があります。しかし、不動産は「TODD」、預貯金は「POD」といった制度を活用することで、手続きを簡便にすることが可能です。
TODDが使えない州ではプロベート手続を受け入れざるを得ないのでしょうか? そうではありません。TODD以外にも、不動産についてプロベート手続きを回避できる法的手段があります。
ちなみに、「遺言(Will)を書いたからプロベートを免れることができた!」と勘違いしないようにして下さい。プロベートは、遺言があってもなくても発生する手続です。遺言はあくまで遺産の分割方法などを示したものであり、プロベートを回避する効果はありません。遺言とTODDとはまったく別物であることをぜひご認識ください。

人生でやりたいこと

定年後に必要な「きょういく」と「きょうよう」の正体 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

定年後のプランって考えていますか。「趣味をしたいな」「旅行に行こうかな」「なかなか会えなかった友人に会いたいな」「習い事でも始めてみようか」など、漠然と思い描いている人が多いと思います。
しかし、旅行に行くとしても、お金がかかります。趣味を優先するあまり、老後資金がなくなっては困ります。
「お金のプランニング」と「やりたいことのプランニング」を見比べ、バランスを取る必要があります。
でも、定年後はくらべものにならないほど長いのです。やりたいことが1か月で終わってしまったら、残りの時間はどうしますか。
定年後に必要なものは「きょういく」と「きょうよう」だそうです。これは「教育」と「教養」ではなく、「今日いくところ」と「今日、用事がある」ことです。
経済的な人生設計の大半を、企業が賄ってくれた時代はもう終わりました。自らの設計は自己責任においてすべきなのです。定年後も会社が面倒を見てくれると勘違いしているから、思考停止に陥ってしまうのかもしれません。その考えを早めに払拭することが必要です。定年後に生きがいを見つけないと、本当に「孤独な人生」になってしまいます。

人生の分岐点

みずほFGでは給料8割に…週休三日制は聞こえのよいコストカット | 女性自身

現在導入されている週休3日制には、3つのパターンがあります。
こうした状況で問われるのは、働く立場の私たちがどう考えるかです。毎月の給料が減れば生活の維持がむずかしいし、給料に応じて社会保険料なども減れば、老後の年金額などにも影響が及びます。それは困ると、変化を拒み会社にしがみつきますか。
それとも、休日が増えるのをチャンスととらえ、新しいキャリアのために学び始める、副業を始めるなどの一歩を踏み出しますか。
後者にとって、週休3日制はすばらしい制度といえます。副業OKが浸透したいま、週休3日制で時間ができれば、会社員のままチャレンジできます。給料がある程度確保できますから、たとえ失敗しても、家族が路頭に迷うといった最悪の事態は免れるでしょう。

人生の分岐点

役職定年した後もミドルやシニアが生き生きと働くことができる職場の特徴|@DIME アットダイム

人生100 年時代といわれる今日、仕事人生の後半で“やる気”と“居場所”を生み出す仕事術は関心の高い話題だ。
自由記述回答で、ポストオフによって失ったものと得たものを尋ねたところ、「給与」や「期待」、「情報」が失われ、「時間」や「自由」、「余裕」を得たという趣旨の回答が散見された。
ポストオフ前と比較して、ポストオフ後に選択率が大幅に高まる労働価値観は、「自分が楽しめる、面白いと思える」だった。
ポストオフ後に「やる気が下がったまま」になってしまっている人が4 割。
部長・課長のポストオフ後の仕事に対する意欲・やる気の推移を見ると、意欲・やる気が「変わらない」人が3割弱いる一方で、「一度下がった」人は6割近くにのぼり、その内訳として「下がったまま」は4割前後、「一度下がって上がった」は2割前後にとどまった。
ポストオフ後の適応が良好な人たちに特徴的なポストオフ前の準備は、「新しい知識・スキルや専門性を身に着ける」「権威を振りかざさない」「社内の人脈を広げる」。
制度運用によって役職から降りる「ポストオフ」の経験に、ショックや落胆を感じる人は少なくありませんが、反対に、活力を失わない人もいます。
世代や年代で一律にイメージを決めつけることなく、個々人の違いや、環境変化の影響に意識を向けることが重要と言えそうです。
ポストオフ後は、役職時代よりも「曖昧な期待」のなかを生きることを、本人も周囲も自覚する必要があります。役職時代はプレッシャーも大きい反面、期待や価値基準が比較的明確です。

ファイナンス

「FIRE」と「早期退職」何が違うのか? 70歳定年時代に必要な「最低限のおカネ」(わらしべ瓦版) @moneygendai

ただの早期退職と一体何が違うのかというと、一般的に早期退職は数億円規模の資産を築き上げ、退職後はお金のことは気にせず悠々自適な生活を送ることがイメージされ、とにかく退職までに大きな資産を築くことに焦点が当たります。
一方でFIREは、どちらかというと退職後の生活の方に焦点が当たります。自身や家族が生活していくための(一年当たりの)費用を把握した上で、その費用を運用益(投資利益)で賄うための資産額を逆算し、その金額を計画的に築いていくこと、これがFIRE達成までの道のりとなります。
“70歳定年”をきっかけに、さまざまな働き方の課題が出ており、「生涯現役」という言葉も目にするようになってきました。さらに若いうちから「雇用は会社に与えられるものではなく、みずから考えていくもの」という意識をもつことが必要となってきています。
こうした時代の移り変わりの中で、定年あるいは一つの会社に縛られることそのものが常識ではなくなってきています。FIREについても、完全に労働を止めるのではなく、程よい労働で収入を得つつ残りの必要額を資産運用で確保する「サイドFIRE」という生き方も増えてきているようです。

人生でやりたいこと

「成功者」の8割に共通していた「シンプルだけど驚く事実」 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

私たちは「浪費」や「無駄」という言葉に、非常にネガティブなイメージをもっています。でもその「浪費」こそが、自分らしい人生を見つけるために必要だと・・なぜなら「人生」は理性的に、先見的、効率的に見つけることができないからです。
私たちは、自分が何に夢中になれるのかということを、事前に先見的に知ることができません。なぜなら「夢中」というのは「こころの状態」なので理知的に予測することができないからです。
日本では・・
わかりやすく言えば「一度勤めた会社で長く働く傾向がある」ということです。・・こと「いろいろと試して自分の人生を見つける」ということを考えてみた場合、これは大きな阻害要因となります。
特にこれから「人生100年の時代」がやってくると、多くの人々は人生の中で何度かのキャリアチェンジをせざるを得ないのですから、自分がどのような活動に夢中になれるのか、逆にどのような活動にはシラけるかを、いろいろなことを試してみた上できちんと把握しているかどうかで、その人の人生の豊かさは大きく変わってしまうことになります。

人生の分岐点

定年後の働き方「安易に始めてはいけないこと」5選 充電期間に要注意 | マネーポストWEBマネーポストWEB

聞こえはいいですが、再就職を目指すなら定年後に『充電期間』をつくるのはやめた方がいい。長年、会社のために働いてきた人は、定年後に『夫婦で旅行したい』と計画したり、現役時代は経験できなかった長期の休みを謳歌したいと考えがちです。ところが、その後にいざ働こうとしても、企業側はブランクがある人を積極的に採用しない。定年後に空白期間ができることを避けるため、休暇を取るなら定年前にしましょう。
定年を迎えた人の8~9割が再雇用を選びますが、ほとんどの場合65才までの契約です。これは老後の働き方と向き合うことを5年先延ばしにしただけで、根本的な解決にはなっていない。
できる限り「介護離職」をしないことも大切。家族の介護が必要になったといって仕事を辞めてしまうと、年金以外の定期的な収入がなくなり、不安定な生活に。再就職も厳しく、できたとしても給料は離職以前の仕事の水準まで戻りにくい。

ファイナンス

定年後も働くと年金が受け取れないことも。在職中も調整されない年金って? | ファイナンシャルフィールド

多くの方は再雇用や再就職によって働くことを想定しているでしょう。・・そこで注意したいのが在職老齢年金の存在です。
在職老齢年金について簡単に説明すると、厚生年金に加入しながら働く方が厚生年金を受け取る場合、給与の額と厚生年金の額が一定額を超えると金額によって支給される年金額が減少し、場合によっては厚生年金が全く受け取れないということもあるものです。
在職老齢年金の適用を受けずに働くには、厚生年金に加入しないよう労働時間を調整したり、短時間での勤務を複数の勤務先で掛け持ちする、個人事業主やフリーランスとして働くという方法があります。
繰り下げ受給は年金の受給時期が遅れますが、その代わりに繰り下げた月数1月ごとに0.7%増額された金額を将来受け取れるというものです。
しかし、繰り下げをしなければ在職老齢年金が適用されて減額されることになる部分については、仮に繰り下げをしたとしても増額されないので注意が必要です。
定年後のライフプランはまさに人それぞれです。・・将来的にはコロナ禍の影響を引きずり、ローンの返済のためなど、在職老齢年金の適用を受けてでも働くという選択をする人も出てくるかもしれません。
いずれにせよ、定年後もサラリーマンとして働き続けるというのであれば、在職老齢年金の仕組みがあることを理解し、年金について考えながら働き方も決めていくということです。

人生でやりたいこと

「仕事に前向きに取り組んでいるか?」日本人わずか6%の絶望 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

「いま、この瞬間の幸福」を感じられない日本人
  ■9割以上の人が、かけがえのない人生を浪費
「興味のないことも、全部やりなさい」
  ■いろいろと試す
「より豊かで自分らしい人生」を見つけられない
特に日本において問題だと思うのは「成功者のモデルイメージ」に多様性がなく、「成功」という概念の幅が極端に狭くなっているために、皆が一直線上に並んで序列の優劣を競い合うようなギスギスした状態になってしまっている、ということです。
私がここでいう「幅の狭い成功者のイメージ」とは、たとえば「有名大学を卒業してブランド企業に就職してバリバリ仕事をこなして年収を上げて都心の高級マンションに住んで高級外車を乗り回すようなセレブライフ」といったものですが、このようなイメージの実現に強迫的に捉われてしまうと、このイメージの実現に直接的に貢献しないと考えられる活動を全て「無駄」として切り捨ててしまい、結果的に本質的な意味で「より豊かで自分らしい人生」を見つける機会を逃してしまう可能性があります。

終活

森永卓郎が陥った〈相続地獄〉。父の金融資産はどこに? 同居生活で犯した2つの失敗|お金|婦人公論.jp

幸いうちの父はプラスの財産でしたが、借金が残されていたら、本当の意味で地獄を見ることになったでしょう。その場合は相続放棄という選択肢があります。実は私も相続放棄の経験が。
父の死から相続までの日々で痛感したのは、とにかく現金がいる、ということ。亡くなるとすぐに通夜、葬儀のお金を用意しなければならない。さらに相続税も原則キャッシュです。期日までに支払わないと、2ヵ月までは年利7.3%、それ以降は14.6%というサラ金なみの利息がつく。
遺産の多くが不動産というケースでは、すぐ売って利益を得ることは難しく、現金がないと相続税を払うためにローンを組むしかない。すぐに引き出せるお金の準備は必要です。

終活

家族を困らせる相続問題にはどのようなものがある? 防止策をあわせて紹介! | ファイナンシャルフィールド

相続にまつわる問題は根深く、仲が良かった家族の関係を一変させることもあります。「うちに限って大丈夫」なんて保証はありません。よくある相続問題と、自分が亡くなった後に家族を困らせないための防止策をあわせてご紹介します。