あなたのライフイベントをトータルサポート I'm glad to see you all !

ライフイベント ニュース

人生の分岐点、人生でやりたいこと、終活関連のトピックスやニュースのご紹介



カテゴリー:  ✔︎すべて 人生の分岐点 人生でやりたいこと 終活 ファイナンス
Share, please !
終活

物が捨てられない高齢の母、途方に暮れる中年の娘【終活スペシャリストの実録】 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

若い頃からあまり整理整頓が得意でなく、掃除もしたりしなかったりと、住環境を整えることにさほど意欲的ではなかった母親ですが、ここ数年、目に余るほど「物が捨てられない」状態になってきました。
子どもは親の家が片付いていないのを苦痛に感じます。そして無理やりにでも片付けさせようとしますが、まずは親御さんの気持ちに寄り添ってあげてください。
特に現在85歳以上の人は物心ついたときから戦時中で、思春期の真っただ中に終戦や戦後の物のない時代を経験しています。なんでも自由に物を買うことができる時代しか知らない子ども世代には分からない思いがある、ということを認識しましょう。

終活

東ちづる 胃がん手術でエンディングノートの大事さ実感「書き始めるとだんだん泣けてくる」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能

早期の胃がん手術を受け、命と真剣に向き合った機会があっただけに、「胃がんと分かった時、万が一ということもあるので、エンディングノートを見直した」と大切さを実感したという。
東は「こういうことを考えると、長生きしそうな気がするんです。傘を持っていくと雨降らなかった、みたいな」と笑って応じていた。

人生の分岐点

「60歳を過ぎたら友人はいらない」弘兼憲史氏、鳥越俊太郎氏らの意見

「LINEの連絡先も200人くらい消しましたが、面白いことに、社交辞令で適当に返事をするために使っていたスタンプを使わなくなりましたね」
「半世紀くらい社会人人生を送ってきて、いざリタイヤすると『この50年は何だったんだ』って人生のほとんどが空洞化したような気分にさせられるんだ。だから急に家族愛に走って孫の面倒をみようとして迷惑がられる人もいる。
 友人関係をなんとか維持しようとして無理して会って、傷の舐め合いをする人も多いよ。そんな場での会話といえば、月並みな世間話に、ありふれた時事ネタ、政府やテレビに出ている人の批判で終わる。つまらないし、虚しいだけ。そんなどうでもいい友人はいらないと僕は思っている」

人生でやりたいこと

「定年で終わる人vs定年後に活躍する人」人生の最後を分ける"たった1つの習慣" 方向転換は何度でもいつでも可能

『超」勉強法』など、“学び”に関する幾多の著作で知られる野口悠紀雄一橋大学名誉教授は、コロナ禍、そしてAI時代の今は「独学」ほど重要なものはない。大学で学ぶ機会のなかった人も、学部レベルの勉強は独学でも十分可能。勇気をもって一歩を踏み出そう、とエールを贈る。

私がこの経験を通じて確信したのは、「大学学部で教えている経済学なら、独学で勉強できる」ということだ。
みずからの可能性を限定してはいけないと、声を大にして主張したい。独学によって、学歴制約を突破することが可能だからだ。
弁理士、行政書士、司法書士、公認会計士、通訳案内士、不動産鑑定士、気象予報士など、受験資格に学歴制限がない試験もある。IT関係でも、学歴制限がない資格試験がいくつもある。
こうした試験に挑戦して高得点を取ることができれば、それによって新しい人生が開けるだろう。
しかし、いま再び時代が変化しようとしているのだ。
大きな変化が起これば、これまで誰も手をつけていない世界が広がる。そこでは、独学で身につけた知識をもととして、新しい事業を起こすことができるだろう。

人生の分岐点

定年後も働く方がいい3つの理由、その準備は40代から

「老後はノンビリ過ごしたい。あくせく働きたくないよ」と考える人も多いかもしれません。しかし、定年を迎えて仕事をパッタリとやめてしまうことには、リスクが伴います。定年後も働き続けたほうがいい、その理由は主に3つあります。
60代で自分らしくイキイキと働く女性たちのなかには、40~50代から準備していた、という人が少なくありません。
自分らしい第2のキャリアを築くには、40~50代の現役時代に「学び」や「転職」などで興味のある分野に飛び込んでみることが大切です。

ファイナンス

老後破綻しないために妻は知っておきたい「夫の定年後の3つの崖」 | 女性自身

「長年、家計相談を受ける中で、思うようにお金を貯められなくなったという50代が増えている」というのは、ファイナンシャル・プランナーの深田晶恵さん
税金や社会保険料がアップしているので、手取り収入は年々減少の一途をたどっています。さらに、長引く超低金利により、銀行にお金を預けても利息でお金を増やすことができなくなっています。そこにきて結婚、子どもを産む年齢が遅くなってきているので、60代になってもまだローンの返済が終わらない、という人が意外に多いのです」(深田さん・以下同)
60歳以降、再雇用で働く男性は増えていますが、妻の側は、収入が大幅にダウンするとは思っていないケースも多く見られます。中には現役時代と同じ給与水準だと勘違いしており、振り込まれた給料の額があまりにも少ないので、あわててしまったという話も。会社員である夫の定年後、収入が激減する“3つの崖”があることを知らないで、現役世代と同じ生活を続けていると、老後破綻に陥ってしまいます。

人生の分岐点

ネットビジネスに参入するシニアたち。“中高年の4K”に寄り添う | 日刊SPA!

厚生労働省の調べによれば50歳で「貯金0円世帯」は約37%に上る。このままでは老後破綻が必至な情勢だが、意外にも生き方一つで明るい老後を迎えられることが判明。スキルや経験を活かした副業は、幸せに老後を生き抜くカギのひとつだ。
「かつての勤務先の元先輩たちと話す機会があり、自分より5〜10年も年上の人たちが、すごく生き生きしていたんです。その秘訣を聞いてみたら、NPOを立ち上げたり、起業したりしていると言うんですよ。そこで私もなにか社会的意義があることができないかと考え、定年前後で不安や悩みを持つ人に向けて情報発信するメディアを始めました」

ファイナンス

「定年後のお金」の損しない受け取り方!退職金・iDeCoの基本 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

60歳以降の働き方を考えるためにも必要な上、選択肢が多数あり、受け取り時期や順序によって手取り額が変わります。特に会社の退職金や年金は、会社員が受け取る額としては人生最大のものとなるはず。
65歳未満で会社の年金を年間60万円以下、65歳以上で公的年金とiDeCoを合わせて年間110万円以下の額を受け取るのであれば、雑所得として課税対象になる金額は「ゼロ」となります。
注意したい点は、課税所得があると、所得税や住民税、社会保険料、医療・介護の自己負担率にも影響する可能性があること。

終活

書類が見つからない!亡き父の生命保険金を1円も受け取れなかった悲劇 | マネーポストWEBマネーポストWEB

身内が亡くなると、残された家族は相続の手続きなどで様々な書類や資料を用意しなくてはならない。それがどこにあるか分からないとなると、手間がかかるうえに、見つからなければ大きな“損失”となる。
何をどこに保管していたのか、メモひとつ残していなかった。・・通帳やキャッシュカード、印鑑なども分かりやすいところには全く見当たらない。
遺産が総額でいくらなのかも把握できないし、保険証券もない。兄弟で家中の引き出しや仏壇の裏まで探し回って、土地の権利証だけは出てきたけど、預金類や保険証券は見つからなかった。銀行に電話して口座を探すなど、大変な手間がかかったし、保険については早々に諦めてしまいました。
父親が亡くなった後、1年経ってから本棚の後ろに隠していた金地金が見つかったんです。相続税の申告は済ませた後だったから、何か手続きが必要かを調べるのも面倒だったし、この調子だと恐らく見つけられていない遺産がどこかにあるのでしょうね……

終活

エンディングノートに「宇宙葬希望」…遺族は「見なかったことにしよう」 | マネーポストWEBマネーポストWEB

遺品を整理している時、タンスの引き出しの奥から出てきたんです。・・父は最後は認知症が進んでいたので、以前書いたノートを“大事にしまっておかないと”と思いそのままになっていたのでしょう。
 後でそのことを姉や弟に言うと、“一緒に住んでいたのに、なぜ気づかなかったんだ”と責められ、伝え聞いた親戚からも“希望通りの葬儀ができなくて可哀相だった”と嫌味を言われました。
いきなり自分の気持ちや物事を整理するのは難しいので、最終的には正式な遺言書を書くという前提で、エンディングノートを書いておくといいでしょう。
 ただし、財産のことや希望する葬儀の形、さらには延命措置のことなどをせっかく書いても、家族が存在を知らなかったら何の意味もありません。いざ亡くなった後は、遺族は慌ただしく葬儀の手配などをしなければならないので、元気なうちに“ここにあるよ”と伝えておくことが必要です。

人生でやりたいこと

高岡早紀さん“死ぬまで女優”宣言「女優しかできない」【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】|ニフティニュース

とにかく楽しい人生を送りたいですね。まだまだ楽しいことが待っているだろうなという期待感があるし、これからも楽しく生きたい。
私は湘南生まれなので、いずれは海の近くに住みたいなと思っています。田舎暮らしをしてみたいですね。都会もいいけど、田舎が好きです。
死ぬまでに一度は行ってみたいのがアフリカですね。動物がいるケニアのサファリとか。ボリビアのウユニ塩湖にも行きたいし、モンゴルに行って馬に乗り、ゲル(移動式住居)にも泊まってみたい。自然や動物がいるところが好きということだと思います。

人生でやりたいこと

東大の院も「全入時代」!? 定年後こそ大学・院に通おう|教養|婦人公論.jp

特にシニアおよび現役でご多忙なビジネスパーソンなど賢明なる読者諸氏にとっては、今こそ大学(院)を活用する絶好の好機である。三つの追い風、すなわち、(1)「働き方改革」、(2)「ウェブ会議」、(3)「少子化による大学(院)定員割れ」の風が吹いているからだ。
「高校時代、実は数学はできなかったが、日本史はかなり好きだった」とか、「大学時代に国際法の授業だけは、真剣に聴いた」などの知的自分史エピソードをお持ちではないだろうか。教科書で勉強を強制させられるのは、必ずしも愉しいものではない。

ところが、自分の好きなことなら寸暇を惜しんでガンガンできるのが人間というものだ。興味関心のある分野で、ちょっと専門性のある勉強から始めることをおススメしたい。

ファイナンス

人生100年時代…保険ではなく「現金」で備えるべき理由 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

働き続けることで安定したキャッシュを生み出すことが資産寿命を延ばす一番の方法です。
別にそんなことをしなくても入ってくるお金と持っているお金で人生を楽しめばいいわけで、あえて資産寿命を延ばさなければならない意味がわからない、という人もいるでしょう。
一番大切なことはお金を持っていることではなくて人生を楽しむことであるというのはその通りです。
民間の保険であれば年を取れば取るほど保険料は高くなるのが普通です。年を取ると病気のリスクが高くなるのは当然だからです。ところが公的医療保険は逆に年を取るほど負担が少なくなる仕組みになっているのですから明らかにお得です。
基本は公的医療保険があれば十分で、それでまかなえない部分だけ、自分の貯金から使えば良いのです。これは介護の場合も同様で、公的介護保険ではカバーできない諸費用については民間の介護保険に入るよりも貯金しておく方が合理的です。
そういう観点で老後を考えてみると、自分の持っている貯蓄や退職金などはできるだけ使わずに先延ばしした方が良いのです。その辺りの原理原則は、以下の3つです。
① 日々の生活は公的年金でまかなうようにする
② 趣味や楽しみのための費用は働いて得る収入やそれを貯めた資金でまかなう
③ 退職金や自分の保有する金融資産はできるだけ取り崩さず、将来に備える
ここで言っているのはケチケチと節約をしながらお金を貯め込んでいこうということではなく、定年後も人生はおおいに楽しむべきだということなのです。
そのために働いて得る収入で人生を楽しみましょう、そして持っている金融資産は、その寿命をできるだけ延ばして将来のリスクに備えましょう、という主義でいくべきではないでしょうか。

人生の分岐点

定年退職後に備え50代から見直したい3つの観点とは

50代に限らずとも全ての年代にいえることですが、「支出」を減らし安定した「収入」を得る、そして余ったお金を「貯蓄」にまわす。お金を考える際にはこの3つの観点に分け、それぞれの対策を取ることが必要になります。
ポイントは支出額の大きな固定費から見直すことであり、以下の2つはその効果が大きいです。
●保険の見直し
●住宅ローンの見直し
強みがある場合もそれが定年後に即座に収入に結びつくとは限りません。そのため50代からは強みを生かした社外活動を行い社内・社外それぞれにキャリアを持つ、いわゆるパラレルキャリアの形成をお勧めします。

終活

墓・葬式よりデジタル遺品の整理!終活が変わってきた | ハルメク連載

10年近くがたち、「終活」の意味が広義になっています。・・「片付け」「終の住まい」「デジタル遺品」など生前整理まで終活の幅は多様で広域になりました。
・アンケートで読み解く「終活」への認識の違いと変化
・「お墓・葬儀」から「デジタル・情報整理」へ「終活」の意味が変化?
・「情報まわりの整理」の終活を必要と考える人も増えている
  デジタルまわりの終活ビジネスが急速に求められていくことを暗示しているようです。
・なぜシニアは「デジタル終活」を必要だと感じているのか?
デジタル終活に対して、どんなマインドが働いているのでしょうか。コロナ禍でデジタル化が進む社会情勢に、「遺された家族に迷惑をかけたくない」というマインドが加わり、より強い欲求となっていることがわかります。
デジタル遺品処理や情報整理に関する終活は、「しておきたい」「しておくべき」という強いニーズがある割に、「何から手をつけていいのか、わからない」「どういう方法が正しいのか、わからない」というのが現状です。

ファイナンス

2大固定費の見直しを!定年前の“助走期間”に妻がやるべきこと | 女性自身

税金や社会保険料がアップしているので、手取り収入は年々減少の一途をたどっています。さらに、長引く超低金利により、銀行にお金を預けても利息でお金を増やすことができなくなっています。そこにきて結婚、子どもを産む年齢が遅くなってきているので、60代になってもまだローンの返済が終わらない、という人が意外に多いのです。
60歳以降、再雇用で働く男性は増えていますが、妻の側は、収入が大幅にダウンするとは思っていないケースも多く見られます。中には現役時代と同じ給与水準だと勘違いしており、振り込まれた給料の額があまりにも少ないので、あわててしまったという話も。会社員である夫の定年後、収入が激減することを知らないで、現役世代と同じ生活を続けていると、老後破綻に陥ってしまいます。

人生でやりたいこと

人生100年時代、定年後に本当にコワイのは「知的格差」だ|人間関係|婦人公論.jp

受動的知的生活とは、本やウェブなどで情報を集め、それを話題として取り上げること。能動的知的生活とはそれにとどまらず、それらの発見を記事、論文・ブログ・本などにまとめたり、受講生相手に教えたりすることである。・・ウェブ時代の21世紀型知的生活の方法をめざすべきである。
年齢や体力も人生における勉強には関係ない。・・大学(院)などの資源を活用して、学士、修士、博士をめざすこともできよう。・・パートナーや友人との関係も良好になり、自己啓発を愉しみ、明日が来るのが待ち遠しいライフスタイルを身につけることができるのだ。

人生の分岐点

仕事、お金、夫婦関係、定年前後に「しなくていいこと・すべきこと」12 の得リスト | 週刊女性PRIME

「夫婦で旅行」「趣味を見つけよう!」なんて一般常識にとらわれているとつらい老後に!? 人生100年をできるだけ楽しく生きるためのノウハウを紹介!
「世の中の「定年準備」は不安をあおる、実体のないことも多いもの。振り回される前に「不安にかられてやらないほうがいいこと」、逆に「やっておくといいこと」を把握。

人生の分岐点

残された時間は何をする? 人生後半を輝かせるための3つの質問 | サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト

【Q1】最近、身近な風景や自然に心を動かされたことはありますか?
【Q2】今日が人生最後の日だとしたら、どんな自分でいたいですか?
【Q3】亡くなった家族や友人は、今、あなたにどんな言葉をかけてくれるでしょうか?

毎日ハリがない、忙しすぎる、仕事を辞めて生きがいがない、生きる上での決断や方向性に迷った時は、ご紹介した問いかけを思い出してみてください。

終活

放っておくと厄介な「デジタル遺品」 死後のアカウント削除もお願いできる制度は? 〈dot.〉

パソコン、スマホのロックを解除するためのパスワードや、SNSのログインのためのIDとパスワードなどをわかるよう書き留めておく必要がある。ただし、誰もがわかる場所に置いていては、なりすましや預金の引き出しなどに利用される危険があるので、特定の人にだけ伝わる工夫を考えたい。

「万が一」に備えて活用できる制度
・見守り契約
・財産管理等委任契約
・成年後見制度(任意後見)
・成年後見制度(法定後見)
・死後事務委任契約