ごあいさつ

 自分がこの世界を突然離れたとしたら、私の友人たちはそれをいつ知ることになるのだろう。 逆にもし自分が、友人に連絡を取ろうとして、その友人がもう随分前からこの世界にいないと分かったらどれだけショックを受けるだろう。 自分に何かあった時、家人はどうやって私の交流のある人々に連絡するのだろう?その時、きっとなすすべもなく困ることになる。
 そんな時、友人それぞれに、もし可能ならメッセージも伝えたい。その内容はそれぞれ異なる。もし率直なメッセージを伝えるとしたら、それは家人にも知られたくないかもしれない。でも、私はもういない。そんなことは時間軸をひっくり返しでもしない限り出来ない。

 そんなことはどうやったらできるだろう? そんな発想から実現したのがこのサービスです。

 インターネット、ITが進化して様々なサービスが出現したが、このサービスは、人間の在り方、生き方の深いところまで関わり貢献できるのかもしれない。大きな価値を創造し社会に貢献して来た偉人は、自分の終わりをリアルに意識せざるを得ない体験をしたことで生き方が変わった。そういう経験が出来る人は限られた人かもしれない。でも我々もそれを考え、擬似的に体験することで自分の中に変化を起こせないだろうか。そうやって、周りを困らせないための準備も含め万端にしておけば不安も少なくできないだろうか。より生き生きと楽しく生活していくきっかけとならないだろうか。

 節目に、毎年年末に、自分の生き方を振り返り、どんなメッセージを残せるか、準備ができているか、この先をどう生きていくか、そう言う事を考える機会に、ツールに、うまく活用して行けるのではないだろうか。そうして、それがいずれ文化となり、世界中の人々の人生観や充実した人生に貢献できれば、これほど嬉しく幸せなことない、そう考えるのです。



Mail:info@cuall.net