あなたのライフイベントをトータルサポート I'm glad to see you all !

ライフイベント ニュース

人生の分岐点、人生でやりたいこと、終活関連のトピックスやニュースのご紹介



カテゴリー:  ✔︎すべて 人生の分岐点 人生でやりたいこと 終活
Share, please !
人生の分岐点

定年後のキャリア論 ─いまある仕事に価値を見出す─|Works Report|リクルートワークス研究所

70 歳の就業者の5人に3人が、いまの仕事に満足している と明確に答えている。こ れ は 、 か つ て の 重 要 な 仕 事 を 奪 わ れ 低 賃 金 を 余 儀なくされているという外からうかがえる事実に照らして、 意外な結果といえる。
高齢者が現在の仕事にどのように向き合っ ているかデータを追えば、生き生きと仕事をしている高 齢者の姿が浮き彫りになる。
要するに、定年後の仕事はとても魅力的なものなのだ。ところが、多くの人はそれに気づかない。人々はなぜ 定年後の仕事について、所属企業のステータスやそこ での役職、職業の地位、報酬などの外形的な側面だ けに着目し、それを「とるに足らない仕事」であると見 なしてしまうのか。人々はなぜ生き生きと働けていない定年前の仕事を 定年後の仕事に投影するのか。そして、人々はなぜ夢 中に取り組むことができない定年前の仕事に、定年後 も必死にしがみつくのか。

人生の分岐点

定年後の「年金投資」は失敗すると後の祭り やっていいこと・いけないこと | マネーポストWEBマネーポストWEB

公的年金はいわば“終身保険”だが、老後を支えてくれるはずの年金の使い途を誤り、生活するだけで精一杯になってしまう人は少なくない。というのも、「年金は死ぬまで入ってくるから」と、受給と同時に使い切ってしまう人が少なくないのだという。
 もらった年金を大きく増やそうと資産運用に回すのも注意が必要だ。静岡県在住の三輪好美さん(69才・仮名)は、現役時代の貯蓄と退職金があるのをいいことに、年金をすべて株式投資に回していた。
何より、老後はお金を増やすのではなく、人生の最終盤に向かって楽しみながらお金を使う時期であることは、忘れてはならない。ファイナンシャルプランナーの山口京子さんが語る

人生の分岐点

「70歳まで先延ばしが可能」それでも専門家が"年金受給は68歳から"というワケ 最短の60歳開始は損する恐れがある

年金は何歳から受け取るのが一番得なのか。老後問題解決コンサルタントの横手彰太さんは「60歳からの場合は年金の受給額が3割もカットされる。『もらえるものは、さっさともらおう』としても、国は甘くはない。お勧めは『68歳』から受け取ることだ」という。
65歳からもらうという選択をすると、65歳から一気に働く意欲・習慣が減退します。マラソンでもゴールテープが見えると気持ちが一瞬緩みますよね。65歳より少し先の68歳をゴールにあえて設定する戦略です。
家系的に長生きする、でも預貯金が寂しい、子どもがまだ自立していないなど不安要素がある人は、70歳まで働くプランを作り、68歳になった時に一旦「しんどいから仕事を辞める」「生きがいのために働き続ける」という2つの選択肢を選べるようにしておくのがベストです。65歳から年金受給を3年先延ばししただけでも、125.2%の年金額アップが一生涯続きます。投資信託や個別株で儲けようとしても、これほど確実に増やせる方法はありません。

終活

「銀行で遺言の手続きをしたから大丈夫」相続でモメる人ほどそう話すワケ 遺言だけでは財産凍結は防げない

・認知症になると相続は面倒なことになる
・よく使われる法定後見制度だが、突っ込みどころが満載
・認知症対策をすれば、相続問題の9割が解決できる」
相続の解決策となるものとしては大きく3つあり、これらで成り立つ「3階建て理論」というものがあります。1階が「任意後見制度」、2階が「家族信託」、3階が「遺言」です。建物を造る時と同じように、1階から順に積み上げていくという流れで、相続問題の解決策を考えていきます。

人生の分岐点

「年を取っても働き続ける人」ほど健康なワケ | The New York Times

年を取っても働き続けることに、健康効果はあるのだろうか。
科学的な研究を見ると答えはどちらかと言えば「イエス」だが、はっきりと結論が出たわけではない。やりがいのある職(主に単純労働よりは頭を使う仕事)を見つけた人の間では特にその傾向が顕著だ。
引退が精神的な健康に与える短期的・長期的影響について研究している。彼によれば短期的には何の問題もないものの、仕事を辞めてから2〜3年経つとマイナスの影響が出てくるとみられるという。この点については、性別や教育水準、職業的バックグラウンドによる違いはなかった。

終活

60~74歳男女に聞いた「終活に関する意識調査」コロナ禍で終活を前向きに捉えるシニア世代 【しておきたかったことをしておく】を終活と捉える割合が17%増加:時事ドットコム

「しておきたかったことをしておく」を「終活」と見なす割合は18.0%で、前回調査比で17.4ポイント増加。⇒「パソコン内やSNSなどのデータの整理・消去」を「終活」と見なす割合は24.9%で、「お墓の準備・用意」(21.1%)、「お葬式の準備」(20.6%)よりも「終活」として認識される割合が高い。
なぜ、【しておきたかったことをしておく】を新たに「終活」のひとつとして認識するようになったのでしょうか。それは、終活をはじめた三大契機~「親族・家族の死」「自分・配偶者の健康」「定年退職」に「コロナ禍」が加わったからです。60代後半女性も『コロナ禍で家族が一緒にいる時間が増えて、家のことをじっくり考えることになった』とコメントしています。

終活

終活とは…「20代から始めても早すぎることはない」!? アドバイザー資格を持つ僧侶に聞いた|まいどなニュース

「終活はライフプランニングです」
「終活をやりましょう」というと、少し前までは「まだ元気だよ」とか「死ぬ準備なんて縁起でもない」と拒否反応を示す人が多かった。だが今は、雰囲気が変わってきたことを感じるという。
「たとえば積立型の保険に20~30代のうちから入っておくと、月々の保険料が安いです。死ぬ準備ではなく、リタイアしたあとに困らないための準備が大事なんです。そういう意味で終活をライフプランニングととらえて、特に資産の準備を始める時期は早ければ早いほどいいです」
ふだんの生活ではなかなか意識しないけれど、人生の終わりは誰にでもやってくる。そして死後には、さまざまな雑事が発生する。とくに独り暮らしをしていた人なら、携帯電話や新聞、ガス、水道、電気、NHKなどの解約手続きなど、生活を支えていたあらゆる契約をひとつひとつ解除していく作業が、思いのほか面倒だ。

人生の分岐点

「70歳定年」で現役組もピンチ…リストラ加速と給料ダウン|人生100年時代の歩き方

65歳から70歳は、健康や体力面で老化が進みやすい年齢だ。仕事にかかわる能力の問題だけでなく、健康管理や安全管理も重要な評価項目になってくる。もちろん、会社側のサポート体制も欠かせないが、それがあってもなくても、一人一人の意識がやはり査定に関わってくる。この法改正が描く未来は、決して楽ではなく、厳しい定年後と非正規のつらさを映しているのだ。

人生の分岐点

50代で「定年前転職」を選んだ人の切実な本音 | 政策

この4月1日から、「70歳まで働く機会の確保」を企業の努力義務とする改正高年齢者雇用安定法などの関連法が施行されました。現在の65歳を5年延長した「定年70歳時代」の到来です。多くの勤め人にとって「老後の始まり」でもある定年が70歳に──。ますます「老後」が遠ざかり、私たちは「老後レス」を生きることになります。
それでも、あえて積極的に「老後レス」と向き合う人たちがいます。定年前に転職を決断した中高年(シニア)たちです

終活

美智子さまの「人生最後の大仕事」、それは「人生の終い方」だった(沢田 浩) @gendai_biz

かつては“生前に終い方の話をするのは失礼”という方が多かったかもしれませんが、いわゆる終活の考えが一般化した現在では、むしろ逆でしょう。穏やかな終末を迎えるためにはむしろ必要なことなのです。そういう点でも、美智子さまの終い方へのお取り組みは、私たちのさらなるお手本になると思っております

人生の分岐点

「70歳まで現役」が現実に、アラフィフが今考えておくべきこと

「いやぁ、自分でも信じられませんが、来月50歳になるんですよ。そのせいか、最近やけに定年をリアルに意識するようになって。一回り年下の妻と10歳になる娘がいるから、早々に引退するわけにもいかないし……」
「なるほどね。ある調査によれば、キャリアの終わりを意識している人の割合が、意識していない人の割合を逆転するのは45.5歳だそうよ。あなたくらいの年齢になれば、キャリアの終着点を真剣に考えるのはごく自然なことだと思うわ」

終活

池波志乃明かす中尾彬との終活「ねじねじ200本捨てたのに…」 | 女性自身

「今思えば、早く始めてよかったと思います。“終活”は早いのがおすすめです(笑)。片付けには体力も必要だし、どちらかの体が弱ってから終活を始めようとなると、ただ暗いだけの作業になってしまいます。でも、まだまだ元気で、やりたいことができる状態のときに始めることで、これから快適に生きていくための準備として終活に臨むことができるんです」

人生の分岐点

役職定年後も生き生き働ける人は「出世への執着」とどう向き合っているか

一定の年齢が来ると管理職が役職を外される「役職定年」という制度があります。・・ 役職を外される側からすれば、それまで上ってきた階段を下りる形になりますし、給与も下がることが多いため、モチベーションを落とす要因となりがちです。・・
制度の是非はさておき、人生100年時代を迎えたいま、働く側としてはこんなことでやる気を失ってはいけません。
・55歳で役職から外されても仕事人生はまだまだ続く
・役職定年後でも生き生き働く人は出世への執着を「成仏」させている
・役職定年した後はどんなことで役に立てるのか考える

終活

「終活」流行のリアル…日本人の97.3%が実践していないこと | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

厚生労働省が行った調査によると、一般国民で人生の最終段階における医療・ケアについてこれまでに「考えたことがある」と回答した人は59.3%と、半数以上に上っていました。

「知識がないため、何を話し合っていいのか分からないから」(22.4%)といった理由が挙がっており、「話し合いたくない」という人は5.8%でした。話し合わなければいけないのは知っているが、いつ、どんなことをすればいいのか分からない。そんな国民の戸惑いがうかがえる結果となっています。

日本人の場合、国民全体として「死」から目を背けてしまう、「死」を考えずに済むようにフタをしてしまう、そういう意識を強く感じます。
・・
それがどこから来ているのかと考えると、これは前著でも書きましたが、やはり戦争の影響は無視できないと思います。第二次世界大戦で300万人を超える尊い命が失われ、その反省として、命はかけがえのない何よりも大切なものであり、社会的にも命を守ることだけが最重要事項と考えられるようになったのだと思います。

人生でやりたいこと

65歳以上のシニア世代の5%がスキルを活用して600万円以上の収入を確保|@DIME アットダイム

激動の戦後を生き抜いてきた65歳以上のシニア世代。長年培ったその知恵と経験は、今の若者たちにとってもかけがえのないものとなるはずだ。
そんなシニアのスキル活用に関する意識調査がこのほど、「くらしのマーケット」会員の男女883名を対象にして実施された。
ーシニアが持つ技術や経験・知識について学ぶ機会が欲しいと思いますか?
2・30代の意欲度が最も高く、5人に1人は「とても学びたい」と回答、「どちらかと言えば学びたい」も含めると過半数を占める結果となった。若い年代ほどシニアとの接点が少ない一方で、シニアからスキルを学ぶ機会を欲しいていることがわかった。

人生の分岐点

年金が減るから働きたくない? 制度が就労意欲そぐ

70歳まで雇用を延長する努力義務が今年4月から企業に課せられる。国は社会保障制度を維持する観点から「人生100年時代」をうたうが、一方で、働く意欲をそぎかねない制度も残されている。「働くと年金が減りかねない」という制度上の課題を整理する。
労働力不足を解消すると同時に、社会保障の支え手を増やす。そんな一挙両得の解決策とばかりに、政府は「人生100年時代」をうたって、高齢者の就労促進の旗を振る。しかし、一方では働く意欲をそぐような制度がいまだに残されている。
その代表例が一定以上の収入がある高齢者の厚生年金の一部、または全部の支給を停止する「在職老齢年金」だ。働いて収入を得るほど受け取る年金が減額されるので、高齢者の就労促進の妨げになっているとして、批判の対象になってきた。

人生の分岐点

「定年まで働けない」7割が回答。40~50代会社員がコストカットの標的に | 日刊SPA!

新型コロナ発生から1年――。関連する経営破綻は1000件に達し、解雇された人の数は8万4883人(厚労省発表2/1時点)に上る。その波は正社員にも及び、東京商工リサーチの調査によれば、’20年に早期退職希望を募った企業は93社と前年比で2.6倍に増加。コロナを旗印に強行される組織改革で、サラリーマンの社内サバイバルは激化。中高年会社員が苦境に立たされている状況を、専門家に解説してもらった。
・約7割が「定年まで働けない」と回答。ジョブ型雇用で中高年会社員は苦境に
・コスト競争にさらされ続けた企業が、いよいよ人材を抱えられなくなっている

終活

【お金で損する人・得する人】実家の不動産相続 3年以内に所有者変更しないと「10万円の罰金」へ

今までは、親が亡くなっても税金さえ支払っていれば、所有者の名義を変更する必要はありませんでした。・・これからは、所有者変更をしなければ罰金が課されることになるのです。自分には関係ない、とは言い切れません。

相続手続きにおいて期限が決まっているものは、(1)相続するかどうかの意思決定、(2)納税期限、となります。

不動産の名義変更に罰則が設けられることで、家族がいる人のほとんどが対象になります。・・
 今まで名義変更をしなくても利用には問題ありませんでした。これからは、放ったらかしには罰金があると理解し、速やかに名義変更を実施する必要があります。人によっては相続争いなど時間を浪費している場合ではないこともありえます

終活

「パスワードがわからない」写真、遺産、借金、遺族が泣きを見ない“デジタル終活” | 週刊女性PRIME

70代以上のネット利用者は7割以上、スマホ決済が広がり銀行の利用も株取引もネット化が進む昨今。持ち主が死んでしまった後、残されたデジタル機器のデータをめぐって、さまざまなトラブルが発生するケースが増えているという。備えあれば憂いなし! たった1分でできる対策をチェックしておこう。

終活

親が認知症で預金凍結! 絶望する長男がやっておくべきだった手続きの数々 | マネーポストWEB

「都内在住の50代男性Aさんは、85歳の父親が認知症と診断され、介護費用に充てるために父親の口座から現金を引き出そうとした。銀行窓口で事情を説明し、「どのような手続きをすればいいか」と尋ねたところ、「預金はおろせない」と門前払いにされたという」
「窮状に陥らないために、預貯金や不動産の管理、そして相続、生活、医療などについて親が認知症になる前に手を打っておきたい手続きはたくさんある。
「親の介護にかかるお金は親のお金を使うのが原則です。まずは『代理人カード』で銀行口座の凍結に備えるのが基本です」」
▪親子で早めに話し合っておきたい「認知症に備える手続き」一覧